ネット上で誹謗中傷にあった際の対処

}PgžxQSNSやブログなどの利用者が増えたことで、インターネットでの名誉毀損と誹謗中傷が問題になっています。名指しでの中傷文や犯罪予告、住所や電話番号などの個人情報の漏洩など、その被害は深刻なものです。また一度ネット上に公開されてしまった場合、ものすごい速さで拡散され風評が広がってしまいます。またその対象は個人だけでなく、企業にも向けられる場合があります。営業行為や自社の製品について、企業が誹謗中傷を受けることが増えています。
ではこのような時にはどのような対処法をとればよいのでしょうか。まず個人でできる方法としては、国民生活センターの消費生活相談窓口や、迷惑メール相談センターに連絡する方法があります。ただこれは根本的な解決にはならないので、自分で対処する必要があります。ネット上に個人情報などが載せられてしまった場合には、まずその掲示板のアドレスを確認し、該当する掲示板の管理者かサーバー管理者に削除依頼をします。それでも削除されない場合には、サイトが利用しているプロバイダーに削除依頼をする方法もあります。
さらに悪質なものに関しては、法的措置を検討することもあります。まず訴える相手がいなければ裁判はできませんので、民事的に追跡して悪質な書き込みをした人物を特定します。そこからさらに処罰を求める際には刑事告訴をします。子供05