誹謗中傷をしたことによる民事上の責任

近年ネットの普及により、ブログや掲示板の中に個人や特定の団体を誹謗中傷する内容の書き込みをする人がいます。いつ、だれが、どのような形で誹謗中傷されるかわからないので、対処の仕方を知っておくことが大切です。このようなブログや掲示板を発見した場合、まずはそこの管理者やプロバイダ等に削除依頼をする方法があります。その際の手段は手紙や電話ではなく内容証明を送ることが望ましいです。その理由は内容証明はどのような内容の文章がいつ誰の手に渡ったかを証明できるからです。しかしこのような削除依頼をしても削除されないときには法的措置として訴訟を起こす権利があります。具体的には損害賠償請求ができます。これは他人の違法な行為によって損害を被った場合、その行為者からお金を支払わせることです。ネット上の誹謗中傷では十数万から数百万円の支払い命令が出る場合もあります。次に差止め請求ができます。この差止め請求をすることによってブログや掲示板の書き込みの削除を求めることができます。またネットでの誹謗中傷は名誉棄損罪の要件である公然性があるため、被害者の社会的評価を害した場合には名誉棄損罪で刑事責任を追及することもできます。誰もがこのような行為の被害者・加害者にならないように、ネットの書き込み・閲覧のマナーを守ることが大切です。

コメントは受け付けていません。