法務省人権擁護局へ申告するには

ネットで誹謗中傷を受けた、子ともが学校でいじめに遭い不登校になった、家族内でDVが行われている等、このような人権被害に遭ったときに駆け込める機関があります。
それが法務省の人権擁護機関です。
たとえば、ネットやWeb上で誹謗中傷され、その書き込まれた掲示板に対して、個人が運営者やプロバイダーに削除を依頼してもその要求に応えない場合があります。
そんなときに、法務省のこの機関に相談できれば、法務省のほうからサイト運営者に削除依頼をしてくれる場合があるのです。ネット上の書き込みによる名誉棄損対策として、被害を申告すれば、「人権侵犯事件」として具体的な捜査に入ってくれます。
被害の捜査の結果、名誉棄損やプライバシーの侵害による被害が生じ、個人による被害回復が困難な場合に、とても有効な機関であるといえます。
全国の法務局、地方法務局またはその支部になどにあります。法務局が近くにない場合では、電話やネットでも相談することができます。もちろん、法務局に直接行っても、窓口で案内もしてくれます。
この機関では、人権問題全般について法務・救済を行う機関です。もし、なにかしらのトラブルを抱えていて、その悩みで苦しんでいるのなら、助けを求めるのが良いでしょう。

コメントは受け付けていません。