裁判所取られる法的措置

私たちには様々な事件や事故などのニュースなどが入ってきます。
これは世の中の事柄が媒体を通して私たちに情報が届けられるのです。
私たちが普段生活していて注意しなければならないのは名誉棄損です。
これは他人の名誉を傷つける行為のことです。
損害賠償になったり、刑事罰の対象にもなる可能性があります。
名誉棄損は日本の民法においては不法行為とされています。
これは品性、徳行、名声、信用などその他の人格的価値について社会からの客観的評価を低下させる行為のことを指しています。
ちなみに生きている人間に対してのみ有効な法律です。
死者に対しては名誉棄損が成立しないとされています。
この名誉棄損は感情を害されただけでは相手を罰することはできません。
あることで本人が不満に思っているだけでは名誉棄損には当たらないと判断されるのです。
民法では名誉棄損をされた時の回復手段としては損害賠償金の法的措置が原則になります。
これは裁判所が名誉を回復させるのに適切と判断する場合に限られます。
また、メディアなどが名誉棄損をした場合は掲載禁止の仮処分請求や謝罪広告などを掲載する処分も存在します。
日本では名誉棄損は依然と比較してその賠償額は増加し、現在では300万円程度になっています。

コメントは受け付けていません。